一般社団法人地震予兆研究センターでは、地震発生前に起きる「地殻変動・潮位変化・地震情報」等、様々な観測データの研究・統合活用を推進することで精度を高め、 「地震予知」ではなく事実としての「地震予兆情報」を大地震発生前に発表することで、国家・国民の生命財産を守ることに寄与する組織です。

一般社団法人地震予兆研究センター:提供サービス


一般社団法人地震予兆研究センターでは、地震発生前に起きる「地殻変動・潮位変化・地震情報」等、様々な観測データの研究・統合活用を推進することで精度を高め、 「地震予知」ではなく事実としての「地震予兆情報」を大地震発生前に発表することで、国家・国民の生命財産を守ることに寄与する組織です。

一般社団法人地震予兆研究センター(代表理事:尾上昌隆、センター長:八木下重義)が提供している情報サービス「地震予兆解析レポート」についてご案内いたします。

一般社団法人地震予兆研究センターでは、ESU(ヨーロッパ宇宙機構)が運用する地球観測衛星「Sentinel-1A」や、JAXAが運用する「ALOS-2」の合成開口レーダー解析による「首都圏の地殻変動」、
最新週のGPS/GLONASS/準天頂衛星データを活用している「国内1350ヶ所の電子基準点」による「日本全国の地殻変動」、
近畿圏を中心とした「水位変化観測」、そして実際に発生した地震活動等のデータを統合解析し、過去発生している地震発生前の地殻変動データと照合したレポートを提供しております。

多くの地震学者や地震予知情報を発表している方が、地質的なアプローチや、ノイズの多い電磁波・電波を観測するアプローチ、電子基準点単体のデータ解析を行っているものとは根本的に違い、
「事実としての地殻変動値」と、大きな地殻変動が発生した後に起きている「事実としての過去地震情報」を、データベースに自動学習・自動統合させることで「統計学的に提供」しているものです。

観測されたデータだけでは「予測」にすぎないため、
一般社団法人地震予兆研究センターでは、過去20年間のデータベースにより、実際に発生したM4以上の地震前との近似値比較を常に行い、近似値が一致された場合には、7日間以内に同様規模の地震発生の確率が高いとして、次週1週間に「どこで・どのくらいの地震が発生するのか」を把握し、大震災前の計画準備にお使いいただける「地震予兆解析レポート」を、毎週月曜日に配信しております。

数か月以内に大地震が発生するなどのデマ情報ばかりを流している「あやふやな情報提供者」とは違い、
一般社団法人地震予兆研究センターでは「レポート配信後7日間に発生するM4以上の地震」情報という、極めて短期的な地震情報を「どこで・どのくらいの規模・震度はどのくらいか」を明確に発表している唯一の機関です。

また、一般社団法人 地震予兆研究センターでは、各国大使館・外資系企業向けに「英文レポート」も用意し、英文レポートにつきましては毎週火曜日に配信しており、各国大使館や世界最大の金融機関等の活用いただいております。

2013年2月より有料で毎週「地震予兆解析レポート」を配信し、多くの企業・団体・自治体様にご提供しております。その的中率は80%を超えているため、多くの企業から契約更新をいただいております。




解析手法


一般社団法人地震予兆研究センターでは、International GNNS(NASA)から提供されている世界約400地点の電子基準点の座標軸データ、日本国内約1350ヶ所の座標値を取得し、地球中心座標軸を用いて各地点の毎日・毎週の変動量を解析。
大きな変動値が観測された地点については同一エリアで過去18年間に起きたM4以上の地震発生前の変動値データを参照し、4週間に渡り乖離幅が一致する場合に、同程度の地震が発生する可能性が高いと判断する。
各電子基準点から見た震央方向の向きを持った実行変動をベクトルで表示する。

※国際特許取得済み 国際特許番号:WO/2015/025340

地震予測解析手法

007

008


地震予兆解析レポート 販売代理店

株式会社チカクデータ http://chikakudata.com
チカクネット株式会社 http://chikakunet.com
日本危機管理保障株式会社 http://kikikanli.co.jp/
株式会社ビーティス http://www.bitis.co.jp/
株式会社セットアップ http://www.setup-co.com/agency_2.html
株式会社エール・オー http://www.aireau-microbubble.com/chikaku/
株式会社ラピニクス http://www.rapinics.co.jp/

一般社団法人地震予兆研究センターの解析手法詳細、及びセンター長 八木下重義の国際特許内容につきましては
ジャーナリストの上部一馬氏が、1年以上に渡り一般社団法人地震予兆研究センターの「地震予兆解析レポート」や、解析方法、その後に発生した地震などを検証し、執筆した「巨大地震を1週間前につかめ! ―これまでの常識を一変させる「予兆解析」のすべて」をご参考ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人地震予兆研究センター All Rights Reserved.